完全防音って果たして可能なの?

あけましておめでとうございます。
子供の頃は「年を越せるかどうか」なんて心配をしたことはありませんでしたが、成人になり毎年その言葉の重みを思い知っております。




当ブログは細々と続けていこうかと考えておりますので、今年もどうかよろしくお願いいたします。





さて今年一発目のテーマですが、タイトル通りでございます。





「完全防音って果たして可能なの?」





発達障害の症状として、聴覚の過敏さに悩まされている方も多いと思います。





私個人もさんざん悩み、自覚もなければ発達障害なんて言葉もなかった時期に
「耳を切ってしまいたい」と、まるで某オランダの画家のような事を思い、実際に口にしてしまったこともあり、変人扱いされた記憶があります。
今思えば当たり前だけど、やっぱりわかって欲しかったというのが本音です。





今回どうしてこのネタにしようかと思ったかというと、冬は皆様ご存じ
「灯油の販売車」が町中を走り回るので(高級住宅地にはいないらしいけど本当だろうか)、悪い事してるわけじゃないんだけどやっぱりうるさいなーと思うので、なんとかならないかと。






年末には古物回収のトラックも来て、家の近くまで来た時に本当に気が狂いそうになったので、これはちょっと考えを整理しないではいられないなと。








まず、あのトラックに近づいて「うるさい」などと言ったところで、面倒なことにしかならないというのは容易に想像できる。
何より向こうからしてみれば営業妨害なわけで、おそらく営業を止めてはくれないだろうと思う。







当事者としてはもちろんやめてほしいところであるが、向こうが副業だとか趣味でやってるからやめても特に困らないという状況でもない限り、やめてはくれないだろうと思う。







個人的にも面倒は避けたいので、建設的な解決策として「完全に外部の音を防げる方法はないか?」と考えたのです。







個人的に現在とっている防衛手段は、耳栓とイヤーマフである。
安価で手軽なので、おそらく誰でもとれる防衛手段である。
しかし、例えば廃品回収のトラックが家の前まで来てしまうとさすがに音が入ってきてしまうし、体質にもよるのでしょうが私は耳が腐り気味になってしまうので(密閉されることによって耳の穴の中の湿度が高くなりすぎるからだろう、と思っている)、本当はやめたいのが本音である。








一時的な避難場所として、楽器の練習スタジオを借りるという手がある。
そこそこの規模の町なら楽器屋があるはずで、その楽器屋が練習やイベントのために防音設備があるスタジオを持っていることが多い。
相場は広さにもよるが、1時間500円くらいから借りられるところもある。広さや設備の充実度に比例して値段は上がる。
そこだけ壁を厚くしたり防音材を貼ったりなどして建築レベルでの防音をしているので効果はそれなりに期待できる。ドアもたいていは二重である。
ただし所有するのでもなければ基本的に「借りる」という形なので、いつでも使えるわけではない、自分だけの場所にはできないなどのデメリットもある。
ただ、比較的安価に安全な場所を確保できるという意味では利用価値はあると考えてよいだろう。





以下の方法は実践できていないのと、対策をとれるかどうかは住環境に大きく依存するので、冗談だと思って読んでいただきたい。






「だんぼっち」という商品がある。
これは元々、PCを利用して動画などを個人で配信する人向けの商品で、平たく言うと「段ボールでできた簡単な防音室」というようなものである。
何か配信するときの話し声を、アパートなどで隣に声が漏れないようにする目的で開発されたと考えられる。
私は今のところ何かを配信する予定はないので、中に入れば遮音が期待できるのであれば導入したいかな、と思っている。
ただし、それなりに大きいし、値段もそこそこするので、これでもし遮音性が低かったらと考えてしまう。
防音材・吸音材などを足す改造を施すのもどうだろうと思うが、内部がもともとそんなに広くなさそうなので、改造により居住性が落ちることも考えられなくない。

組立式 簡易防音室 だんぼっち

組立式 簡易防音室 だんぼっち






楽器の練習用の防音室などはどうだろう。
楽器というのは基本的にそれなりに大きい音が出るものなので、専用の防音室はそれなりの効果が期待できるといっていいだろう。
しかし、設置は基本的に屋外なので、土地が必要になり、早い話庭付きの戸建てか土地ならいくらでもある田舎にでも行かないと設置できないだろう。
効果は大きいが代償も高いといえる。

アマゾンで扱っていないので商品紹介のリンクです↓
防音室・調音パネル - 製品情報 - ヤマハ – 日本








防音室のある物件(アパート、マンション)を借りるという選択肢もある。
不動産を探すサイトやアプリだとそういう条件を入れて検索するとヒットすることがある。
程度も様々で、「普通のワンルームだけど楽器可」というところもあれば、本当にしっかりとした防音室を備えた物件もある。
読者を失望させたくはないですが、やはり程度と家賃がほぼ正比例していて、せいぜい不便な立地だと多少家賃が下がる程度で基本的には防音のしっかりしているところは家賃も高い、と考えたほうがよいでしょう。
(「楽器可」なんてだいたいが普通のアパートに見えるし、大家さんが寛容ならそれはありがたいけど防音対策をしている旨を物件情報に載せておいてほしい、していないならそれは本当の意味で楽器可ではないのではないかと言いたいのはここだけの話)
個人的な推測で物を言うと、完全防音の部屋がある物件はかなり高級で立地もよく、お金持ちで趣味が楽器の人か音大生(芸大の音楽コース、音楽系の専門学校も含む)なんかが入居しているんじゃないかと思っている。






本当に非現実的な意見ですが、言います。
防音設備のある建築、家でもマンションでも好きなやつを、自分で建てるという選択肢です。
コンクリートを厚めにしてもらい、防音材吸音材を敷きつめ、しっかりとした鍵でもかければ完璧でしょう。
あとは内装を自分の好みにすれば居住性もよくなります。
問題としては、とにかく費用がかかる、今起こっている騒音に耐えられない場合すぐにとれる対策ではない、建てたところで騒音とは別の問題が起きたとしたら(隣人リスクとか)対策をとりづらい、おそらくローンを組まないと買えないので返済に追われる人生になる、などでしょうか。
自分にとって理想的な環境を作れるでしょうが、代償はとても大きいと言えます。







「金がかかる対策ばかりではないか!」と言われそうなので、そもそもあまり音のしないところで暮らすという選択肢はどうでしょう。
基本的に田舎ばかりになるので便利な暮らしではなくなるでしょうが、騒音にあまりに悩み苦しんでいるのであれば考えるのも手だと思います。
よほど僻地(青森とか鹿児島とか)に行かない限り日本国内なら標準的な日本語が通じますし、物価に至ってはたいてい地方のほうが安いです。
車が運転できるなら暮らしていける土地はさらに増えると考えられます。
考えられる問題点としては、都市での楽な暮らしに慣れ切った人間では田舎の過酷な生活環境にはなかなか慣れることはできないでしょうし、移住した先の人間と問題が起きるというのはよく聞く話です。(東京生まれの人間から言わせて頂くと、国家単位で考えれば都市の住民の地方への移住を柔軟に考えて頂くと今後日本はよりよい国になると思います、難しいでしょうが)
相応の覚悟が必要になってくるでしょう。





最後に。

(以下既存の書籍より引用、権利関係はわからんので好きにしてくれ)

日本を含むアジアの環境音に対する防護姿勢はおしなべて軽い。それは住居のつくりとも関係しているようだ。日本のむかしの住居は木と紙と藁から作られており、長屋などは粗末な土壁一枚で隔てられている。その頃は隣からの生活音が聞こえてきても「聞いていない」という環境順応をしてきたという。
外からの音が安易に入り込んできてしまう住居は、アジアの家づくりにとても多い。けれどこれは同時に心地のいい睡眠を持続させる音と微妙に隣接している、という別の見方もある。

新潮新書 椎名 誠著「ぼくは眠れない」166ページより引用)

ぼくは眠れない (新潮新書)

ぼくは眠れない (新潮新書)


この一文と、引用はしていないが前後の文章から察すると、
・日本人は基本的に建築レベルで住環境の防音に対する意識が低い。心理的な意味での防音しかしてこなかった。
・が、それは自然のリズムと一体で暮らすことでもあり、故に健康的で睡眠をとることも容易な家づくりであった。
(あくまで個人的な感覚に基づく意見です)



日本は明治維新から近代化を推し進めてきて、近代化によるメリットも享受し続けているので、今さら住宅を木と紙と藁で作っていたような時代には戻れないであろう。
となると、現代的な社会や住宅の事情に合わせた対策を練らねばならないということで、簡単には答えが出ない問題にぶち当たってしまったなーと思うのであります。

前回書いた記事について補足して語ってみる

 久しぶりのブログ更新であまりにも雑すぎたのと、補足して言いたいことがたくさんあるのでいろいろ書きます。



前回のブログ→幸福論というのについて語ってみる - 発達障害だけどとりあえずしばらくは生きる



「タイトルと内容がまったく一致していない」という致命的なミスはさておき、どうもこの世には


「肉親を尊敬できないどころか憎んでさえいる」


という人が一定数いるようで、例えばそういう人間に対して復讐的な意味合いで引きこもり続けるという人もいるようだ。
 だとすれば、その引きこもりには意味はあるわけで、前回のブログで批判したように「肉親の死に対して何もしないできないまま放置して殺した」という解釈は間違っていることになる。
 行為そのものの倫理的な意味は別として、家庭という閉じた人間関係の中では矛盾は生じていないし、もしも引きこもりの原因が「尊敬できない親」にあるとしたら、復讐を遂げたという意味でこの現象は間違っていないことになる。





 ひどく残酷な話になるようだが、「家族」というのは人間が生まれて最初に築く人間関係であり、その後も家庭という密度の高い環境で長い時間接していくことになる。
 その家族に恵まれればよいが、もし全く尊敬できない人間だったり、悪人がいた場合どうなるだろう。
 その悪影響は弱者、つまり子供に向くのである。
 しかも子供はあらゆる力を持たず、抵抗することもままならないのだ。
 世の中を見る目が歪み、最悪全てを信頼できない人間に育っても不思議はないのである。
 






 まあ、人間誰しも聖人君子になれるわけでもないし、理想の家庭を築ける保障がないなら家庭を作ってはいけないという決まりもない。
 親に恵まれなかったなら、あきらめるしかないのかもしれない。もっとも、それでも自分の人生を築いていけるような風にできるのが理想だとは思うが。







 個人的な話をすると、親にはまずまず恵まれたほうだと思っている。
 お金こそそんなになかったが、学歴はあり、知らないことはないのではというくらい何を聞いても答えてくれて、ご飯もおいしいので、どうも世間的にはこれ以上を望むと罰が当たるようだ。
 ただ世間はそんなに甘くなく、うっかり就活で「親を尊敬しています」などと言おうものなら「こいつは社会に目が向いていない」という判断をされ大方の面接で落とされるらしいので、良い親というのも困りものである。
 







 そろそろオチに入りたいと思いますが、個人的にはやはり「引きこもりが高齢化して親が先に死に、社会性のない高齢の当事者が残る」という現象はなるだけ避けたいと考えている。
 「家族・家庭」という閉じた人間関係や場所に客観的な視点を持った第三者の誰かが介入して問題を解決するか予防する、というシステムの構築をしたほうがよいと思うのである。
 「それはどうやるのか」と言われたら全く案がないので答えられないのですが、システムとまでいかなくてもそういうイメージをなるだけ多くの人に持ってほしい、と願うのです。
 もちろん、家庭というのはプライベートな関係・場所で、他人が干渉しない環境があるから成り立つものかもしれない。他人の目を気にしないで安らげる場所があるからやっていけるというのもあるだろう。








 しかし、一歩間違えれば、「他のどこに行っても通用しない人間」を作り上げる危険性があることに気がついてほしい。
 社会でやっていけるようになることが必ずしも幸福と結びつくとは言い切れないですが、やはり外でやっていける人間になるに越したことはないと思うのです。
(今問題を抱えている人にとってはつらかったかもしれないので、読まなかったことにしましょう)





 まあ、今はとてもいい時代である。
 家にいながらにしてネットでいくらでも人と繋がれるし情報も得られるから、無理に外に出ることもないのかもしれない。
 私もやはり「家が一番落ち着く」というのはずっと変わらない。







 しかし、インターネット上の情報も、結局は外で起きていることが情報源であり(テレビとかネット上の事も多々あるけど基本的にって意味)、情報はやはり視覚と聴覚だけでなく全身で得るほうが良いのではないでしょうか、と思うわけです。
 





 まあ、なんだろう。
 本当に引きこもらないと居場所がないような人にとっては、私程度の人間でも上から目線の憎らしい野郎なのかもしれない。
 日々コンプレックスと戦っていると言っても信じてもらえないのかもしれない。






 これでも、自分も楽しく生きられるようにしたいとか、例えば居場所がない人でもその居場所を少しでも広げたり増やしたりできないか、とずーっと考えて生きているのです。






 社会性はないかもしれないけど、一応体は動くから、だとしたらやらなくてはいけない事があるのではないか? やれることがあるのでは? と日々自問自答なのです。







 まああれです。
 悔いなく生きないと悔いなく死ねないと思うので。
 方法は人それぞれだろうけど、自分はこのやり方をとる、ということです。
 




 
 

人のブログを読んでたら面白いと思ったので一番面白いと思ったブログを引用してみた

dennou-kurage.hatenablog.com

めちゃくちゃ有名な人みたいなんで引用するのも野暮かもしれないのですが。




「権利に対する意識」みたいのが低いというのはすごく同意した。
私自身、障害者手帳と障害者年金という社会保障を受けているが、いつかどこからか、「税金の無駄使い」だの「俺の払った年金で飯を食いやがって」などと言われるのではないか、という怯えのようなものがある。





正直、社会保障を受けるのに心理的抵抗はかなりあった。
手帳の時はあまり気乗りしなかったし、年金は現金支給なのでさすがにかなりがっついてしまったが、それでも
「何か言われないか、自分は社会保障を受けるべきか」という自問自答はあった。
最終的には、自分は社会保障を受ける権利があって、権利を行使するのにふさわしい人間なのだという事にして、自分を納得させている。







が、本来ならこういう気乗りがしないだの自問自答だのしないで社会保障を受けられるのが正しいのではないか、と思わなくない。






確かに、社会保障は役所に行って手続きをすれば受けられる、一種の不労所得である。





おそらく、権利意識に対してバッシング的な感情を持つ人はこう思っているのだろう。





冒頭のブログから引用させて頂くと(権利とか疎いんでなんか揉めたらごめんなさい)、

(引用ここから)
>対して、我が国はどうかと考えると、どうも「権利」というものに対して「堂々と主張するのはみっともない」という考え方がありはしないだろうか。それは「あの人は権利ばかり主張して……」という心無い発言だったり、有給の権利を行使しようとする人を疎んじたり、生活保護の権利を行使する人を下に見たりすることによく顕れていると思う。「権利」を持つ人が現れた際の反応が、全力でその人の権利行使をサポートするというものではなく、日本では舌打ちだったり蔑みだったりするのは、はっきり言って情けない。
(引用ここまで)




どうしてこうなるのか。





きちんとシステムとしてあるのに、どうして使われないのか。





私もなんだが情けないというか、悲しい気持ちになる。








察するに、「お金は仕事、労働の対価」という考えが強いのだと思う。







だから働かなくてはいけないし、働かないで得るものに対して忌避する考えが出てくるのであろう。






それはとてもよく分かる。






できれば自分もそうでありたい(社会保障で得する額はやはり普通に働くのに比べたら少ない)し、もしかしたら自分もそういう権利意識を持つ人を叩く側になっていたかもしれない。






だが、個人的な推測ではあるが、そういう権利を行使するのがみっともないという理由で仕事にしがみつき、不必要な仕事をやったり生産性の低い仕事をしてもよい、となっていないだろうか。
これは昨今報じられている長時間労働や過労死などの問題にもつながるだろう。
要は、保障がないと思うから目の前のことにしがみついてしまうわけだ。








あるいは、社会保障を受けないといけないなんて他人事だ、としたいのかもしれない。
そんな不幸でみっともない事は自分の人生にはありえません、という事だ。






まあもうここまで来るともう障害者でも生活保護受給者でもそういうシステムだの全部ひっくるめて

「お化け」

だと思っているのだろう。
よくわからないので怖いです、ということだ。
そういう事にしておく。




個人的にはやはり、「困った時にはこういうシステム(各種社会保障)があるので、利用しましょう」という風になるのが一番良いと思うのですが、どうやったら人々の意識が変わるのかわからないし、自力で変えようとするのもめんどくせえなあ、と思うわけです。

幸福論というのについて語ってみる

「ひきこもりの親が高齢化し、親が先に死んで家と財産が残ったけど、子供は家に残り続けようとした」
という、嫌な記事を読んだ。
diamond.jp






無意識レベルでそういう「人生の暗部」みたいなのを気にしてしまう自分も嫌になるが、そういう事が起こってしまうという現実にもまた嫌になる。







まあ、避けられないことなのだろう。
現代に限らず、おそらくそういう人間はいつの時代にも一定数いて、気づくか気づかないかの差に過ぎないのだろう。







が、個人的にはこういう事態になるのは避けたいと思っている。






当事者及び周辺の人々には申し訳ないのだが、客観的に見てこういう事態を望む人がいるとはとても思えない。






実は個人的に知っている人で、似たような状況を引き起こした人を知っていて(発達障害の診断を受けている)、その人は一応仕事はしていたのだが、「肉親の死に対して特に何も対策をとらなかった」という点で共通していて、いずれ来る変化に対して受動的であるという点でなんだか残念な気持ちになってしまった。たとえ障害者であったとしても。







まあ、こういう意地悪を言うのはあまり良いことではないのだろう。
他人の家で起きたことだし、別に親がどうなろうとどうでもいいという哲学を持っている人かもしれない。






「極端に言うと人生に正解はない」と書いてある本を読んだので、こうなるとますますよそで起きたことに口出しするのは野暮ということになってくる。







が、私は自分に嘘をつきたくない。








この問題について疑問と拒否感のようなものがある。










まあ、私も当事者であるし、引きこもることが悪とは言わない。









個人的には、「生まれた村から一歩も出たことがないおばあさん」とか「毎日同じ電車に乗って通勤してる人」とかも広義で言ったら引きこもりだと思うので(暴言でしょうがちょっと考えればわかると思います)、そう考えると潜在的な引きこもりはかなりいる事になり、じゃあ一体普通の人と引きこもりの境目はどこにあるやら、と思うわけです。









ようやくタイトルとつながりますが、幸福論のないままやみくもに働いても大して意味はないし、抗議的な意味で引きこもるというのはよくわかるので、そういう引きこもりなら断然「あり」だろう。









しかし、この件についてはとても考えさせられる。
良くない社会に対して抗議するという勇気ある行動をとったはずの人間がバカを見ているとしか言いようがない現象である。







同時に、「引きこもったら結局社会性を失って何も対策をとれなくなる」という典型にもとれる。







結局何が言いたいかと言いますと、私も同じようになりそうでとても不安だということです。








はあ

お金がほしいので過去にアフィリエイトした本をまとめてみた

「世の中お金だけではない」とか言って心が清いまま生きていきたいと思うのですが、浮世はどうもそうはいかないようだし、お金持ちになってみたらやっぱり世の中金だと思うようになるかもしれないし、とにかくお金は必要だと思うので金を稼ぐことを前面に出してみます。



 今回この記事を書こうと思った理由はほかに、

・過去の記事を読むのが自分でもつらい(誤字脱字とか)ので、再公開したくない
・自分のつまらないブログなんかよりやっぱり出版社を通した本のほうがちゃんとした情報である(当たり前だ)
・ちゃんとした情報を得れば不安感は軽減される(当事者にとっても周辺の人間にとっても)

発達障害に気づかない大人たち (祥伝社新書 190)

発達障害に気づかない大人たち (祥伝社新書 190)

親子アスペルガー―ちょっと脳のタイプが違います

親子アスペルガー―ちょっと脳のタイプが違います

困ってるひと

困ってるひと

ずっと「普通」になりたかった。

ずっと「普通」になりたかった。

眼を見なさい! アスペルガーとともに生きる

眼を見なさい! アスペルガーとともに生きる

  • 作者: ジョン・エルダー・ロビソン,テーラー幸恵
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2009/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
変わり者でいこう  あるアスペルガー者の冒険

変わり者でいこう あるアスペルガー者の冒険

  • 作者: ジョン・エルダー・ロビソン,藤井良江
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2012/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
アスペルガー症候群・高機能自閉症の人のハローワーク

アスペルガー症候群・高機能自閉症の人のハローワーク